Tシャッツを格好良く着たいなら!ぽっこりお腹が出る人の特徴を知ろう


Tシャッツを格好良く着たいなら!ぽっこりお腹が出る人の特徴を知ろう

街を歩いていたり、社内を見渡すと、Tシャツやスーツの上からでもハッキリとわかるくらい、ぽっこりお腹が出てしまった人を見かけませんか?今回は独自調べで、「お腹に贅肉がつき、ぽっこりお腹が出やすい人」の特徴をまとめました。

特徴を知ることで、自分は気をつけようと意識を変えることができます。意識が変わればちょっとした行動が変わり、行動が変われば結果も変わるのです。ぜひこれから紹介する、お腹が出る人の特徴を知り、ほんの少し意識を変えてみてください。

 

ぽっこりお腹が出る人の特徴はズバリこの5つ!

冒頭でも説明したように、意識が変われば結果が変わってきます。Tシャツの上からでもわかるくらい、ぽっこりお腹が出るのは嫌だと思うのであれば、まずはすでにお腹が出てしまっている人の特徴を知りましょう。

 

お腹が出やすい人の特徴1. あまり運動をしない

これはお腹まわりに限ったことではありませんが、適度に運動をしないと、摂取カロリーが消費カロリーを上回り太ってしまいます。そのため消費しきれなかったカロリーが、脂肪となりお腹まわりについてしまうのです。

特に事務職などのデスクワークが多い方は、一日中座ってばかりで、ほとんどエネルギーを消費しないので要注意。仕事中でカロリーを消費できないのであれば、エレベーターではなく階段を使う、通勤の際には1駅分歩くなど少し工夫してみましょう。

 

お腹が出やすい人の特徴2. 猫背姿勢

周囲から「猫背だね」と言われたり、自身で猫背姿勢の自覚がある人は、まずは意識的に猫背にならないよう気をつけましょう。猫背になってしまうと骨盤が歪んでしまい、お腹に力が入りづらくなります。お腹に力が入らなくなると、腹筋が緩んでダランと伸びてしまいます。腹筋がしっかりとしていないと、基礎代謝もお腹周りに脂肪がつきやすくなります。

 

お腹が出やすい人の特徴3. 腰で椅子に座っている

これも猫背に繋がる特徴ですが、椅子などに座るときに、お尻よりも腰で座る習慣がある人は注意しましょう。腰で椅子に座ってしまうと、猫背姿勢のときと同様に、お腹に力が入らず腹筋周りの筋力が弱まってしまいます

その結果お腹の周りの代謝が弱くなり、脂肪がつきやすくぽっこりお腹になってしまうのです。

 

お腹が出やすい人の特徴4. 便秘気味の人

一般的に便秘気味の人はぽっこりお腹になりやすい傾向にあります。これは、便が溜まってしまうとその分、お腹が膨らむから。

また便秘中は内臓の働きが鈍っている状態で、栄養の吸収がうまくできていません。そうなると、脂肪の燃焼に必要な栄養素が不足した状態となるため、脂肪燃焼効率が落ちてしまい、お腹まわりに脂肪が付くこととなります。

便秘の解消には、しっかりと水を飲む、背伸びをするといったお腹周りのストレッチをすると効果的です。それでもなかなか便秘が解消されないといった場合には、お医者さんに見てもらったり、エステサロンでお腹をマッサージしてもらい、腸を動かし活発にするといいでしょう。

 

お腹が出やすい人の特徴5. ストレスが溜まっている

ぽっこりお腹が出る人は、ストレスを溜めている場合が多いです。またこれからお腹痩せダイエットをしようとしている場合に大敵。

なぜならストレスが溜まると自律神経のバランスが崩れてしまいますから。自律神経が崩れると、身体が脂肪を燃焼しづらくなり基礎代謝も落ち、結果的にお腹まわりのお肉が増えることとなります。考えすぎたり、ストレスが溜まりがちな人は公園を散歩したり、コーヒーを飲むなど適度に気分転換ができることをしましょう。

 

まとめ

ここまでで、脂肪がお腹まわりについてTシャツの上からでもわかるくらい、ぽっこりお腹が出てしまう人の特徴を紹介してきました。参考となりましたでしょうか?

太りやすい人の特徴や太る原因がわかれば、自分はそのようにはしないようにと注意をすればいいのです。ちょっとした意識づけや、取り組みをするだけでも、この先の自分の体型に活かされることは間違いないです。

Tシャツを格好良く着たい、お腹の肉を何とかしたいと思われている方は、まずは散歩をしてみるなど、簡単な取り組みから始めてみましょう。

The following two tabs change content below.
男性ダイエット応援編集部

男性ダイエット応援編集部

ダイエットにチャレンジをしたあと、鏡を見て「自分が変わった」「チャレンジして良かった」そんなふうに思えるよう、ダイエットに効果的な方法などを隠すことなく紹介します。